ジャパンネット法務事務所は闇金融の天敵

 

ヤミ金相談・ヤミ金問題の解決なら、ジャパンネット法務事務所にお任せください。

 

 

 

 

 

 

 
 弁護士・司法書士ならどこでもヤミ金問題を解決できる・・と思っていませんか?
確かに債務整理なら、大抵の弁護士・司法書士事務所で対応できます。
でも、ヤミ金問題の解決は、対応できる弁護士・司法書士は多くありません
 
ジャパンネット法務事務所は、長年、ヤミ金問題を対応しています。
代表は、小宮山博之
長年の実績で、ヤミ金対応だけでなく被害者の方の状況も把握しています。
生活再建についても相談できるのです
 
ヤミ金問題の解決でのお客様満足度はなんと98%にも上ります。
 
では何で 顧客満足度が高いのでしょうか?
 
@ジャパネット法務事務所は、費用の後払い。分割払い可能
 

Aジャパンネット法務事務所は、相談料は無料。即日対応します。
 
Bジャパンネット法務事務所は、ヤミ金への支払いは無料です。利息だけでなく元金もです。
 
Cジャパンネット法務事務所は、実績はなんと20000件以上です。
 
とにかくご相談してください。
ジャパンネット法務事務所が対応すれば、ヤミ金業者からの催促に悩まなくて
済むようになります。
ジャパンネット法務事務所と一緒に生活再建を目指しましょう。

 

 

 

 

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金業者への対応策

 

悪質なヤミ金業者の対応策を記載します。
 
実際はこんな事はしなくても、ジャパンネット法務事務所のような闇金対策専門の弁護士事務所に
依頼すれば簡単なんですが、具体的な方法を記載します。
 
最近のヤミ金業者は昔と比べてもさらに悪くなった気がします。
かつては10日で10%、多くて20%という利息だったのに(これでもべら棒)
最近は10日で4割5割。ついには1日1割なんて業者もいます。

 

@ヤミ金との契約は出資法の利息である年間29.2%を超える契約です。

  これは明らかに出資法の第5条第2項に違反しています。
  3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に該当します。
  従って、民法第90条の公序良俗違反 及び 民法708条の不法原因給付に該当します。
  この為 利息はおろか元本すら返済する必要がありません
  一般の人がこれを言っても難しいのですが、弁護士それもヤミ金専門の弁護士が言う
     さすがに効果があります。

 

A上の@に付随して、出資法違反なら3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金です。

  ヤミ金業者はこのことは良く知っています。その為告訴されたらマズイ・・  と考えます。
  その為、既に支払ってしまった被害者(依頼人)でも弁護士が間に立てば、
  過払い金を振り込んできて、早期の解決を図ろうとします。
  つまり、この相手は難解だ。さっさと切り上げて他の獲物を探そう・・という訳です。
  逆にヤミ金業者から「過払い金を負けてくれ・・」と行ってくるケースもあるそうです。

 

Bそして「元金だけでも返済しろ・・」と言ってくる場合もあります。

  しかし、依頼者(被害者)とヤミ金業者との契約は出資法違反であり無効です。
  法律上の支払い義務はありません。
    つまり、貰い得・・という訳です。
 

C最後にヤミ金業者に「今後一切請求をしない」という念書を送付するよな書面を内容証明郵便で送ります。

  そして念書を受け取った後、ヤミ金業者へ担保に出している書類(借用証や運転免許証など)を返還させます。

 

Dヤミ金業者も相手が弁護士・司法書士なら、この時点で根を上げます。

しかし、相手が個人なら支払いを要求したり
  脅しをかけて来るようでしたら、「貸金返還請求訴訟」を行った事を通知しましょう。
  この期に及んでまだ取立てに来るようでしたら、今度こそ警察に通報しましょう。
 

Eそして同時に警察の安全生活課へ、「ヤミ金被害調査票」を示して被害届けを出してください。

  これを提出すれば、今後ヤミ金業者が取り立てて来たらば110番して警察に来てもらう様になります。
 
 
依頼者(被害者)が心配するのは、自分の所だけでなく、家族や職場、友人知人にも取立てが来るのではないか・・ということだと思います。
この為にも、近所の警察へ、被害届けを提出してください
ヤミ金業者が来れば、警察に通報してください。被害届けが出ていれば直ぐ来てくれます。
 とにかく、ヤミ金業者の取り立て屋が大声を出したりしても絶対に、玄関・家には入れないでください。
「入らないでください」と2回言えば 不法家宅侵入罪で逮捕できます。
又「帰ってください」を2回言って帰らない時は 不退去罪に問えます。
 
 さらにもし、借り入れに関係ない家族や親族にまで取立てが及んでしまったらどうすれば良いのでしょうか?
 
「ヤミ金業者に対する告発状」を最寄りの警察の生活安全課に提出します。
  その上で、出資法違反の告訴をします。
  この時証拠の品も用意します。
 

 ・振り込まれた銀行の通帳+もし返済していたら振込の証拠になる書類
 ・ヤミ金業者の車のナンバーの控えやダイレクトメール、パンフレットなど
 
とにかく証拠です。携帯電話にヤミ金業者から脅しの電話が入ったら録音しても良いしメールは保存しておいてください。
 
しかし、どれも個人が行うには、大変過ぎます。
やはり、ジャパネット法務事務所のような闇金専門の弁護士事務所に依頼するのが一番です。

 

 

ヤミ金と消費者金融(サラ金)の違い

 

闇金と消費者金融(サラ金)は、似ている様で実は全く違います。
消費者金融は合法です。まともな金融機関です。
一方、ヤミ金は完全に違法。つまり犯罪行為です。
でも我々素人には、その区別がつきません。
どうすれば まともな消費者金融かヤミ金か区別できるのでしょうか?

 

@金利が違う

 

 消費者金融は合法的な金融機関なので年間20%を超える金利を設定する事が出来ません。
 一方ヤミ金は、トイチ(10日で1割)とかトサン(10日で3割)とか法外の金利を要求します。 
 とにかく物凄い金利です。でもそれだけではありません。
 ・提示された金利が守られない。(返済日に突然金利が10日で1割が3割になったり4割になったり)
 ・金利だけ受け取って元金を受け取らない事もある。 これは永遠に被害者から骨の髄までむしり取ろうとする魂胆です。

 

A貸し付け方法が異常

 
 消費者金融では、店舗があったり無人のATM貸出機(と言っても本当は無人ではないケースが多い)で
契約して借り入れをしますが、ヤミ金は
 ・無審査・無担保で貸し付ける。(消費者金融は100%審査があって合格する必要があります)
 ・連絡先が携帯電話だけで、まともな事務所などが無く連絡が付きにくい
 ・返済しようとしても受け取らず、逆に押し貸しをされる事もある。

 

B取立てで、恐喝や暴行などがある。

 

 昔の消費者金融もそうでしたが、今では法律上こんなことはできません。しかし、闇金融の業者は違います。
 本人への嫌がらせだけでなく、職場や親類家族、隣近所の方にまで迷惑が掛かります。
 大抵の人は、「家族や他人には迷惑はかけられない」・・という理由で泣き寝入り?
 結局、ヤミ金(ヤミ金融の業者)は犯罪者なんです。 これが基本です。
 
では、もしヤミ金と契約(借り入れをしてしまったら)・・もうヤミ対策金専門の
 
 ジャパンネット法務事務所に委託するしかありません

 

 

ヤミ被害対策専門の法律事務所・法務事務所は少ない

 

始めの方でも書きましたが、ヤミ金相談を行っている弁護士や司法書士って少ないんです。
大抵の弁護士や司法書士は話を聞いた後
「私達ではお受けできません」という回答でしょう。
それは、闇金被害相談って3つの意味で難しいんです。

 

@危険が多すぎる

 ヤミ金って犯罪者なんです。高金利も違法ですが恐喝なども重大な犯罪行為なんです。
 慣れていない弁護士では、この恐喝に負けてビビッてしまいます。同時に弁護士自信が身の危険を
 感じるのです。 だから、触らぬ神に祟りなしで大部分の弁護士や司法書士は仮払金請求の様な
 簡単で安全な業務を好んで闇金相談には取り組まないのです。

 

A能力が無い

 ヤミ金の被害対策は、全国の警察組織や金融機関と連携して対応しないといけません。
 でも、このネットワークを持っている法律事務所や法務事務所は極端に少ないのです。
 逆に言うと、ジャパンネット法務事務所の様な数少ないヤミ金相談の専門家は顔が効きます。
 「ジャパンネット法務事務所が受任した」・・と聞いただけで諦めるヤミ金融業者も多いのです。

 

B費用を回収できない可能性がある。

 闇金から借り入れてざるを得ない被害者は、当然お金に困っています。
 ヤミ金からの取立てから解放されても弁護士・司法書士に払うお金を捻出する事は難しいのです。
 この為、ヤミ金相談を積極的に取り組む専門家が少ないのです。

 

でも、受け付けない弁護士。司法書士は良い方です。

 中にはヤミ金業者と結託しているような悪徳な専門家も多いのです。
 
・ヤミ金相談に訪れた被害者の資産状況、借り入れ状況を確認して、弁護士費用を回収できると判断した
 顧客だけ契約、受任する。他は何か月も放置。
 
・結託しているヤミ金業者の被害者だけ契約する。もちろん対策はせず放置。
 
・ヤミ金被害者の個人情報だけを入手して、別のヤミ金業者に被害者の個人情報を売る。
 
恐ろしいですね。
 

 

こんなヤミ金対策専門の弁護士や司法書士には注意

 

 では、どんなヤミ金対策の専門家に注意すれば良いのでしょうか?
 もちろん素人の方に解る訳がありません。もちろん最初からジャパンネット法務事務所に委託すれば良いのですが。

 

@受託費用が極端に安い

 相場はヤミ金融の業者1社に付き 税前で5万円(税込み54000円)です。
 若干安いだけなら良いのですが(4万円くらい?)極端に安い場合は要注意です。

 

A電話対応していない事務所

 ヤミ金被害者は心身ともに疲れ果てています。
 ヤミ金相談に電話した時に、温かい言葉で励ましてもらいたいのです。
 電話をしても事務的で冷酷な対応をされれば不安が募ってしまいます。こんな事務所とは契約したくはありません。
 でもメールしか受け付けていなかったら。当然判断できません。

 

B分割後払いが出来ない事務所

 ヤミ金相談は 即日対応+即刻ヤミ金からの取立て・督促・嫌がらせが止まる事です。
 支度金を支払ったは良いが、対処は×カ月後では話になりません。
 対応しない事務所は契約を打ち切って別に当たりましょう。

では、ジャパンネット法務事務所(ヤミ金対策専門家)に具体的に何を相談したら良いのでしょうか?

 

  ヤミ金被害者の願望としては
  「一刻も早く、ヤミ金業者からの取立てや嫌がらせをストップさせる」ことでしょう。
  でも、相談する前に冷静に以下の事を纏めてください。

 

 ・ヤミ金融から合計で幾ら借りているか
 ・何社から借りているか
 ・既に返済している金額があるかどうか。有ったら幾ら返したか
 ・嫌がらせを受けていれば、具体的に。(電話がひっきりなしに掛かってくるとか)
 ・どのような経緯で闇金融から借り入れをすることになったか
 ・当該のヤミ金融の社名、担当者、連絡先
 ・問題解決に向けての要望

 

  この他に、弁護士(司法書士)費用の確認と分割・後払いが可能かどうか
  問題解決後の生活改善のアフターフォローがあるかどうか
  問題解決後、闇金融からのお礼参りがある否か。あったらどう対応すべきか
  などを確認してください。